Release

The Mistys - Redemption Forest -

PRECO 019 [CD]
Release: February 19, 2014
2,000 JPY
  • The Mistys - Redemption Forest -
  1. Tape Report
  2. Innocence
  3. Pushhh
  4. A Birds Name
  5. Moy
  6. Dental Records
  7. Stumm
  8. Behemoth
  9. Lucie
  10. Matilda
  11. Cannibal
  12. Stalking
  13. Drawers
  14. Drip

2014年に活動10周年を迎える、UKマンチェスターの人気エレクトロニカ・デュオThe Boatsのメンバーとしても活躍している、Andrew Hargreavesが女性ヴォーカルBeth Robertsを迎えて結成した新プロジェクトThe Mistysのデビュー・アルバム。

ヘヴィーなベースとノイズで歪んだドラム・マシーンの機械的で直線的なビート、アップテンポのダンサブルなビート、コズミックなシンセや仄暗いスモーキーなシンセ・サウンド、トリッキーなエレクトロニクスなどによるドープなエレクトロニック・サウンドと、ピュアな少女的な面と艶やかでミステリアスな面の両方を感じさせる女性ヴォーカルBeth Robertsのアンニュイなうたによる、エレクトロニック・ロック〜エクスペリメンタル・ポップ〜エクスペリメンタル・ロック。

ノイズ、インダストリアル・テクノ、エレクトロニック・ボディ・ミュージック、トリップ・ホップ、ダーク・ウェイヴ、ポスト・パンク、エレポップなどなどの多様なテイストを取り入れて、Björk、Portisheadなども彷彿させる、キュートなポップ感や妖艶な美しさ、ダークで内省的なムードまでもが絶妙に溶け合ったうたとサウンドを繰り広げています。存在感のある女性ヴォーカリストと組むことにより、これまでのThe BoatsやAndrew Hargreavesのソロ・プロジェクトでのデリケートで儚いエレクトロニカとはまた異なる、メジャー・シーンにもアピール出来るような新たな魅力が開花した傑作アルバムです。

Preco RecordsからのCDバージョンは、The BoatsのレーベルOther Ideasから2013年にLPオンリーの300枚限定でリリースされていたアルバムに、4曲のLP未収録曲も追加して、またCDリリース用に新たに曲順も変えた、全14曲収録でのリリースとなります。

'Redemption Forest' is the beguiling debut album of recombinant pop from Andrew Hargreaves (The Boats/Tape Loop Orchestra) and Beth Roberts' new duo, The Mistys. The project serves as a vehicle for Andrew and Beth to explore concepts of pop as a subversive medium; a way to communicate ideas other than the usual messages of love and other such frivolities, but in a context that means the listener could still "jitter bug along", even if they missed the point. It's a potent medicine served in the sweetest, even sickliest, sonic syrup, taking inspiration from the classic EBM of Front 242 and Nitzer Ebb, the garage art-pop of Devo, Can's motorik Krautrock, early Yello and Mute singles to create a Neue Burnley Welle ov post-punkish, Multiperplexing Pop. Beth's vocals are incredibly saccharine, like Diane Vickers suckled on Eccles cakes and nowt but, and the arrangements almost nauseously overdriven, working infectiously effective hooks, dizzying harmonic developments, and driving industrial noise rhythms. As with Leyland Kirby's best, there's a deeply rooted sincerity at play and a genuine, abiding love of pop music at its core, refracted thru a complex and ambiguous emotional flux bound to evoke the strangest feelings. For the more insatiable, open-minded, pop, noise and avant fiends, this one comes highly recommended!(Boomkat)